FC2ブログ
07« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»09

日常の出来事。

アニメ、ゲーム好きな普通の会社員の普通な日常を書いていくブログ

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告  /  tb: --  /  cm: --  /  △top

Pcsx2導入方法、使い方 

PS2エミュレータのPcsx2の導入方法と簡単な使い方を説明したいと思います。
準備するもの

・Pcsx2 0.9.6 DL
・動かすPS2ゲーム(ISOにしておくといいかも)
・ゲームパッド(あればゲームがやりやすい)
【BIOS吸出しに必要】
・SwapMagic Ver3.6
・DUMP BIOS USB DL
・LbF DL
・USBメモリ(空き容量16MB以上)
・PS2本体(SCPH-10000、70000以外)



手順【BIOS吸出し】

1.USBメモリの一番最初の階層にSWAPMAGICというフォルダを作成します。
2.作成したSWAPMAGICフォルダ内にLbF.ELFをSWAPMAGIC.ELFにリネームして入れます。
3.DUMP BIOS USBも入れます。(これはリネームしなくてもOK)
4.USBをPS2に挿し、SWAPMAGICを入れます。
5.LbFが自動起動するので、DUMP BIOS USBを起動させます。
6.画面が乱れますが仕様なので大丈夫です。Compleated OKとでればOKです。
7.USBに【SCPH-PS2型番.BIN】が作成されていれば成功です。


手順【Pcsx2導入】

1.Pcsx2をインストールします。
2.BIOSフォルダに吸い出したBIOSを入れます。
3.起動させます。DirectXなんちゃらと出た時はMicrosoftからDirectX最新版を入れてみてください。
4.LanguageでJapaneseを選ぶと日本語になります。


手順【設定、起動】

1.設定→1Pコントローラの設定を押し、Pad1でキーの設定をします。
 D-Padが十字キー、AnalogStickがスティックです。
2.ISOから起動させるときは、CDVD-ROMのプラグインを「Linuz Iso CDVD 0.8.0」にします。
3.ファイル→Run CD/DVDでISOファイルを選んで起動させます。

起動画面
起動画面



【PS2実機のメモリーカードをPcsx2で使う】

1.Pcsx2で適当なゲームを起動させセーブする。
2.LbFを使ってUSBメモリに実機のPS2メモリーカードのデータをコピーします。
3.コピーしたセーブデータをISO化します。
ISO中身
こんな感じ。

4.Pcsx2のファイルからELFファイルを開くでLbFを開きます。
5.ISO化したセーブデータを選択します。
6.LbFが起動するので、CDFSを選択するとISO内のセーブデータが表示されるので、そのセーブデータをPcsx2のメモリーカードにコピーします。
7.Pcsx2で認識すれば成功です。
メモリーカード


【その他】

・SwapMagicからLbFがうまく起動しない時はUSB、SwapMagicを入れたままもう一回PS2をリセットすると起動するかもしれません。
・Pcsx2を動かすためには結構なCPUとグラボがないとまともに動きません。特にCPU。マルチコアは必須かも。
・スペックがあれば実機とほぼ変わらず動きますが、一部速度が出ないときがあったり、Pcsx2が対応していない部分があります。(ACE3 地上演習時フリーズなど)
・映像がジリジリする時は、設定→グラフィックス→設定 InterlecingのWeave offを入れるとよくなるかもしれません。


すごく完成度の高いエミュレータなのでスペックのあるPCを持っている方は是非どうぞ。
私の環境だと速度はまったく実機と同じです。
スポンサーサイト
PC関連  /  tb: 0  /  cm: 0  /  △top

この記事に対するコメント

△top

コメントの投稿

Secret

△top

トラックバック

トラックバックURL
→http://chaingirl.blog111.fc2.com/tb.php/138-72d504df
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

△top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。